粗大ゴミの処理の際、しっかりと業者さんへ見積りをお願いしよう

女性とトラック

粗大ゴミを捨てるまでにすること

引っ越しや大掃除などのあとにいろんなゴミが出ますよね。とくに大物のゴミが出やすいですが、いつまでも家の中に放置していれば、それはそれで場所をとられて邪魔ですし、そのスペースにも家賃を払っていると思うと早々に捨てるのがいいと思います。
ゴミを捨てる時に「これは粗大ゴミだ」と思ったら、まずはサイズを確認します。サイズというのは、捨てたいゴミの一番長い部分のことで、これを基準に値段が決まっています。サイズが測れたら区役所に問い合わせします。アイテムカテゴリーや素材やサイズによって処理の方法が決まっていて、この時点でもしかしたら粗大ゴミだと思っていたものが、一般ゴミで処分できる物かもしれませんのできちんと確認したいところです。
ここで確実に粗大ゴミで処分するのだとわかったら、役所の方から予約番号をもらいます。そして、一番近々の粗大ゴミ収集日を予約します。収集日は曜日が決まっており、回収を依頼した日から何日も空いてしまうこともありますので、要注意です。
さらに指示された金額の粗大ゴミシールを手配します。粗大ゴミシールは近所のコンビニなどで買えます。購入した粗大ゴミシールにもらった予約番号と名前を記入し粗大ゴミ本体に貼り付けます。そして、予約した収集日の当日の朝8時までに決まった収集場所まで粗大ゴミを運んでおきます。そうすると、粗大ゴミは回収されます。

お知らせ

TOP