粗大ゴミの処理の際、しっかりと業者さんへ見積りをお願いしよう

女性とトラック

注目の記事

粗大ゴミを捨てる際の業者の選定

粗大ゴミを処理する際の業者選びですが清潔感があり、丁寧な接客対応に好感のもてる業者がオススメです。粗大ゴミを大阪市で処理したい方はコチラが特にオススメですよ。粗大ゴミだけでなく遺品回収や不用品の回収、ハウスクリーニングなども行っているのでお困りの方は是非利用してみて下さい。

粗大ゴミと言っても様々なものがあります。家具やリサイクル品目に該当しない家電製品など捨てる際、廃棄方法などは全て異なります。また、自分で粗大ゴミを処理しようとすると、トラックの準備や指定廃棄場所の確認など手間が掛かります。特に、大学生などは粗大ゴミの処理に苦労されると思います。
そこでこれらの手間を掛けずに、粗大ゴミを廃棄する方法として、粗大ゴミ処理代行業者があります。基本的には、処理する場所や処理方法などは変わりあせんが、選ぶ上での注意ポイントとして、複数業者へ見積もり依頼をする必要があります。粗大ゴミの処理費用は基本的にkg単位となりますが、運搬費用やその他作業で処分費用に差が生じます。
実際は、自分で処理すれば60kgまでなら数百円などと費用は安いです。しかし、処分前の準備に手間が掛かるものも存在ます。例えば、ソファーやベットを例とすれば、内部の金属部品を取り除き、焼却場と不燃物回収場へ持ち込む事に手間が掛かります。業者に依頼することでこれらの作業を行って貰えるメリットがあります。この捨てるまでの分別作業費用で差額が生じるため、選定の際はどこが安く処分できるのか確認するべきです。また、粗大ゴミは纏めて処分する事をおすすめします。それは、纏めることで運搬費用が掛からずに済みます。それでは皆さん、しっかりと業者へ見積もりすることをオススメします。

個人で粗大ゴミを処分するまでの流れ

もう間もなく、大学生などの引っ越しシーズンとなります。そこで問題となるのが、粗大ゴミの処分方法です。粗大ゴミと言っても、分類や処分方法、回収場所は各県・各市・そして地域毎に全く異なります。大阪市などでは、粗大ゴミを処分する際に○kgまで400円分の証紙シールを貼るだけで良かったり、可燃物と不燃物を分別した上で指定された処理場へ持ち込むなど、定められた方法は様々あります。
一般的に粗大ゴミを処分する方法は、自ら処分場へ持ち込むことです。基本的に処分費用はkg単位での処分費用となり、60kgまで500円などといったことがあります。60kgの粗大ゴミというと結構な物量になります。自分で処理する際は、車さえあれば簡単に処分できますし、複数の友人で纏めて粗大ゴミを処分する方法は非常に効率的です。
粗大ゴミ処理業者へ依頼した場合、kg単価どころか処分品1個あたりだったりします。まず、大阪市で粗大ゴミを処分する際は、どの方法が安く処分できるか、自分の求める予算内で処分可能か、そして友人同士で纏めて処分できるかなど引っ越し時期には、確認することが大変重要です。自分たちで処分すれば2000円程で処分できる粗大ゴミが、業者に依頼することで数万円になったりしまいますので注意が必要です。

粗大ゴミと不燃ゴミの違い

粗大ゴミと不燃ゴミの最も大きな違いとして「大きさ」があります。大阪でも、それぞれの自治体によって違いがありますが、一般的には、指定された不燃ゴミの袋に収まるモノであれば不燃ゴミ、収まらないモノはは粗大ゴミと考えられています。また、自治体によっては、「縦、横、高さの中で最も長い部分の長さが50cm以上のものは粗大ゴミ」というようなルールがはっきりと決まっている場合もあります。地域によって日常の家庭ゴミの中で縦、横、高さのうち最大の辺粗が30cmを超えるモノ、または棒状で1mを超えるモノが粗大ゴミになります。また、大掃除や引っ越しなどによって一時的に大量に出されるゴミも粗大ゴミとしています。
粗大ゴミと不燃ゴミの違いで具体的な例としては、たとえばミシンを処理したい場合、小型のハンディータイプのミシンであれば不燃ゴミになりますが、足踏みミシンのようなテーブルの付いた大型タイプのミシンであれば粗大ゴミとなります。粗大ゴミとして出されるものは、他にたんす、下駄箱、学習机、ソファ、自転車などがあります。ただ、大きいものであればすべて粗大ゴミというわけでもありません。エアコン、テレビ、冷蔵庫・洗濯機は家電リサイクル法の対象になっていて、法律上リサイクルが義務付けられているので、粗大ゴミや不燃ゴミとして捨てられません。

お知らせ

TOP